メタボリックシンドロームとは?カテゴリの記事一覧

メタボリックシンドロームとは?

メタボリックシンドロームメタボリック症候群)とは、

内臓脂肪の蓄積により高脂血症・糖尿病などの
複数の生活習慣病が合併している状態をいいます。

内臓脂肪型肥満を簡単に調べる方法として、ウエスト径(へそまわり径)が
男性では85cm以上女性では90cm以上であれば、内臓脂肪型肥満が疑われます。

ウエスト径の正しい測り方はへそまわりを測ることです。
腰の一番細いところではないので、気をつけて下さい。


メタボリックシンドロームの怖さ

メタボリックシンドロームを放置しておくと、やがては動脈硬化を引き起こします


動脈硬化を起こす危険因子として肥満(高BMI)、高血圧、糖尿病(高血糖)、
高脂血症(高コレステロール血症)があります。

日本人において、
危険因子を2つ持つ人はまったく持たない人に比べ、
心疾患の発症リスクが10倍近くに、

危険因子を3つ以上持つ人の心疾患の発症リスクは、持たない人に比べて
実に30倍以上にも及ぶといわれています。

このように、たとえ異常の程度は軽くても複数の危険因子が
重複
しているケースでは、動脈硬化が起きやすいのです。



動脈硬化は、ある日突然なるようなことはなく、
また、ある程度症状が進まないかぎり、なかなか症状として出にくい病気です。
しかも、動脈硬化による循環器病(心筋梗塞、狭心症、脳梗塞、閉塞性動脈
硬化症など)は働き盛りに突然発症することが多く、生命に関わる重大な
病気であり、後遺症も深刻です。


動脈硬化にならないために、メタボリックシンドロームの段階でキチンと改善しておきましょう

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。